FC2ブログ

ボースカウト対象 福祉体験会に参加しました。 盲導犬についてのお話・アイマスク体験編

令和元年 6月16日(日)    ボーイスカウト対象 福祉体験会に参加しました
          

          於: 福祉ふれあいセンター
            
                            記事担当: 寺西光正 (福祉共育サポーター)
 

    

         講師: 斎藤 正夫   さん

         参加者: 日本ボーイスカウト 松任第一団 カブ隊

             隊員  6名(小学校3年生~5年生)、 保護者の皆さん

         内容:  盲導犬についてのお話・ アイマスク体験
 

        

斎藤さんは 今年 4か月間の訓練を経て 新しい盲導犬との生活を始められました。

新しい盲導犬の名前は ”ゾロ”  家族であり頼りになる相棒です。

まだ不慣れもあり、失敗や苦労と癒しの 生のお話を ボーイスカウト達は熱心に聞いていました。


ボーイスカウト盲導犬1



ボーイスカウト盲導犬4


参加者たちは、いくつも質問し、知らないことや初めてのことが多く

斎藤さんの体験談を聞いて、何かを感じたようです。

まだまだ いろいろなお話を聞きたそうでした。



ボーイスカウト盲導犬2


電車、飛行機、レストランなどは 盲導犬との同伴はOKですが、 まだ 特別な視線を感じることもあるそうです。

盲導犬は1日1回の食事だそうです。  ドックフード以外の ほかの食べ物には興味を示さないように訓練されています。

叱ったり、ほめたりしながら訓練を進めています。

ちなみに 全国の盲導犬の数は 950~960頭です。  石川県では 18頭です。



ボーイスカウト盲導犬3


「アイマスク体験」の指導がありました。

介助者は 目の不自由な人に 肩または腕を貸しながら 半歩前を歩く 基本姿勢です。

段差があるところでは 「段差ありますよ」と声をかけてあげましょう。


ボーイスカウト盲導犬7

ボーイスカウト盲導犬9

アイマスク体験も介助体験も初めてです。

短時間でしたが、目の不自由な人の気持ちが 少しでも判って、

お手伝いするチャンスがあれば 声をかけてあげる そんなやさしさが芽生えたと思いました。








スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ふくちゃん2012

Author:ふくちゃん2012
白山市ボランティアセンターのブログです。
このブログでは、白山市ボランティアセンターの講座やイベント、ボランティア募集情報等を掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR