FC2ブログ

”スマイルCafe & ボランティアのつどい”に参加しました

令和元年10月5日(土) ”スマイルCafe & ボランティアのつどい” が開催されました。


       於:白山市福祉ふれあいセンター2階会議室

              記事担当:寺西 光正(福祉共育サポーター)


 ー進行内容ー


   <ボランティアの活動紹介>  4グループ
 
      松任高校JRC部 (赤十字奉仕団青年部)

      翠星高校JRC部 (赤十字奉仕団青年部)

      しゅしゅ (収集ボランティア団体)
    
      ギターアンサンブル ダンロク

   <スマイルクッキング(ハロウィン料理を作ろう)>

      指導:健康生活ネットワーク 代表  塩木 律子 氏

   <講演会  「私たちと消費税」>

      講師:木村紀代税理士事務所  木村 紀代 氏



   <合同交流会  ~つながろう 広がろう~>




<ボランティアの活動紹介>

   ① 松任高校 JRC部の皆さんによる活動報告
      
       募金活動や施設訪問など頑張っています。

       救急法の訓練をしていて 頭部の保護の仕方の実演ありました。

  スマイルカフェ1



   ② 翠星高校 ボランティア部の皆さんによる活動報告

       募金活動や学童クラブ、老人ホーム、福祉施設訪問などに頑張っています。
       

  スマイルカフェ2


   ③ 「しゅしゅ」  収集ボランティアグループ の活動報告

      使用済みの切手を集めて、整理し、福祉団体に贈っています。

      その後、換金されて 福祉の資金になっています。

      白山福祉ふれあいセンター内 ボランティアセンターに

      切手回収ボックスがあります。 

      使用済みの切手は 切手の周りを切り取って ボランティアセンターに

      お持ちください。是非皆さんもご協力をお願いします。
 
  スマイルカフェ3




   ④ 「ギターアンサンブル ダンロク」の活動報告

      各施設を訪問し、ギター演奏や歌を披露して交流しています。

       ギター演奏の実演ありました。  

      我々の世代には ”瀬戸の花嫁” 良かったです。

  スマイルカフェ4



  <講演>   「私たちと 消費税」  木村 紀代 氏


      10月1日からスタートした 消費増税アップのお話です。

      実例(実商品)を持って、説明されました。

      価格表示の例、消費税の納付の流れなど

      メディアで伝えられていないところもあり、分かりやすかったです。

スマイルカフェ8


  スマイルカフェ5


 合同で ハロウィン料理を井田だ来ました。  スマイルクッキング 塩木律子氏の指導で
 
 ハロウィンカレーを作りました。


 スマイルカフェ6



   交流する人たちです。

   どんなことをやってるのかを紹介しあい、お互いに 参加のお誘いの場面がありました。

  スマイルカフェ7

  参加者 43名でした。

スマイルカフェ20日



 グループ活動のポスターです。

 

 スマイルカフェ10

 スマイルカフ11

 スマイルカフ12


  来年度も””スマイルCafe&ボランティアのつどい””が開催されるそうです。

  皆さんも 一度ぜひご参加してみてください。

  





      







































続きを読む

スポンサーサイト



小舞子海岸清掃に参加しました

令和元年9月27日(金)  小舞子海岸清掃が 湊小学校児童の参加で行われました。


        場所:小舞子海岸
        時間:午前11時から12時


                記事担当:寺西 光正 (福祉共育サポーター)




        参加者: 湊小学校の児童、先生の皆さん  約60名

             ボランティア まつぼっくり赤十字奉仕団の皆さん


 
     秋の風 さわやかな 小舞子海岸です。

     波はなく 快晴です。


小舞子1


   生徒さん集合して 先生からの注意点や 安全面のお話です。



小舞子2


    暑さの中、皆さん 散らばって ごみを拾っています。

    裸足で踏んだら 危険なものもあり、みんな 手袋しての作業です。


子舞子3


小舞子4


  
   燃えるゴミ、燃えないゴミを区分して 袋に入れます。

   「これって どっち?」  「あっ  こっちやよ」

   6年生のリーダーさん 小さい子を指導しています。

   いい子たちです。




小舞子5


  「来年また ここで泳げるよ」

   みんな 頑張って拾い集めました。

   砂に埋まっていたロープらしきもの 何とか引っ張り出して運びました。 重いです。

   きれいにする気持ち、ごみの分別の意識、ボランティアの気持ちなどを 少し体験できました。

   

小舞子11


 第二回清掃活動も 10月11日(金)に 湊小学校児童と湊地区老人会(湊寿会)

 の方たちと 海岸清掃活動交流を実施しました。

続きを読む

車いすバスケットボール トップ選手トークショー、実演、体験会を見に行きました

令和元年9月22日(日)  ”白山市福祉健康まつり” の中で、車いすバスケットボール
                                  トップ選手のトークショーがありました。
 
           実演や体験会もあり 見に行きました。

           於:松任総合運動公園体育館

                  記事担当:寺西 光正 (福祉共育サポーター) 



       トップ選手紹介
  

      宮島 徹也 さん  北京・ロンドン・リオパラリンピック日本代表選手

      北風 大雅 さん  2018-2019 U-23日本代表強化指定選手

       



 ”白山市福祉健康まつり” が開催され、その中で 車いすバスケットボールのトップ選手の
  トークショーと実演・体験会が行われ、参加してきました。

 左から 白山市長(山田憲昭)、北風大雅選手、宮島徹也選手         
                               

     白山市社会福祉協議会会長(小西貞義)

     後ろは (おなじみの)雪ママとしずくちゃん、そして ふくちゃん です


まつり1

 

まつり2


 トークショーが始まりました。 

 写真は、左から 北風選手、宮島選手、女性司会者(西さん)、岩崎選手(石川県車いす
 バスケットボールクラブ 「jamaney」所属)

 女性司会者の軽妙なふりで 3選手ともトーク力 ばっちりです。
 

 車いすバスケットを始めたキッカケ、いきさつは? 

 車いす生活と周りの設備など福祉面での質問や要望などに 答えて話をされていました。  

 いろんなことを乗り越えてきた力強さを感じました。

 前向きな気持ち・行動に打たれたのは聴衆の皆さんも同じと思います。




まつり3

スマイルカフ16

 トップ選手2人による 実演です。
 
 ロングシュートが入って みんな大喜びです。

 スピード感、激しく車いすがぶつかって ひっくり返るわで びっくりです。

まつり4


 一般の方々の参加の 体験風景です。

 初めての体験で 思うように車いすを動かせず、それでも だんだん慣れてきて

 シュートするのですが これがそう簡単ではないのです。

 そんな中でたまに ゴールすると みんな大はしゃぎです。

 遊び感覚で ほんとに楽しんでいました。



まつり5


まつり6


まつり7


 宮島選手・北風選手への 応援メッセージです。  

 がんばれ 両選手!


まつり8


まつり9

続きを読む

外国人の方との交流会に参加しました

  令和元年 7日25日(木) 外国人の方と児童館の子供たちの交流会に参加しました。


          (於) 朝日ししくクラブ(鶴来)

                    記事担当: 寺西光正 (福祉共育サポーター)




           参加者 白山国際交流サロンの皆さん

           朝日ししくクラブの1~2年生 30人の皆さん



    白山国際交流サロンの方のご紹介

           山村さん・・・中国出身

           ヴィーさん・・・ ベトナム出身

           マイラさん・・・ フィリピン出身



3人の外国の方が、朝日ししくクラブの子供たち🧒と その国のお話しや

遊びを通して交流しました。

sisiku7




挨拶や 食べ物、数の数え方などのお話しから始まりました。

子供たちは 目を大きくて聴いてました。直ぐに仲良くなりました。

sisiku2



中国の 飾り です。

ししく14




パスポートを自分だけのものに作っていく遊びもありました。

sisiku5

ジャンケンしたり

ベトナムの傘を皆んなでかぶってみました。

sisiku15




パスポート出来ました

sisiku6

”かぉ”という 日本の蹴鞠に似ていて、毬に「羽根」がついている遊びもありました。

子供たちは 外国との違いを 大した抵抗感も無く 受け入れて、楽しんでいました。

外国の方との触れ合いで 少し世界が広がったらいいですね。


ボースカウト対象 福祉体験会に参加しました。 盲導犬についてのお話・アイマスク体験編

令和元年 6月16日(日)    ボーイスカウト対象 福祉体験会に参加しました
          

          於: 福祉ふれあいセンター
            
                            記事担当: 寺西光正 (福祉共育サポーター)
 

    

         講師: 斎藤 正夫   さん

         参加者: 日本ボーイスカウト 松任第一団 カブ隊

             隊員  6名(小学校3年生~5年生)、 保護者の皆さん

         内容:  盲導犬についてのお話・ アイマスク体験
 

        

斎藤さんは 今年 4か月間の訓練を経て 新しい盲導犬との生活を始められました。

新しい盲導犬の名前は ”ゾロ”  家族であり頼りになる相棒です。

まだ不慣れもあり、失敗や苦労と癒しの 生のお話を ボーイスカウト達は熱心に聞いていました。


ボーイスカウト盲導犬1



ボーイスカウト盲導犬4


参加者たちは、いくつも質問し、知らないことや初めてのことが多く

斎藤さんの体験談を聞いて、何かを感じたようです。

まだまだ いろいろなお話を聞きたそうでした。



ボーイスカウト盲導犬2


電車、飛行機、レストランなどは 盲導犬との同伴はOKですが、 まだ 特別な視線を感じることもあるそうです。

盲導犬は1日1回の食事だそうです。  ドックフード以外の ほかの食べ物には興味を示さないように訓練されています。

叱ったり、ほめたりしながら訓練を進めています。

ちなみに 全国の盲導犬の数は 950~960頭です。  石川県では 18頭です。



ボーイスカウト盲導犬3


「アイマスク体験」の指導がありました。

介助者は 目の不自由な人に 肩または腕を貸しながら 半歩前を歩く 基本姿勢です。

段差があるところでは 「段差ありますよ」と声をかけてあげましょう。


ボーイスカウト盲導犬7

ボーイスカウト盲導犬9

アイマスク体験も介助体験も初めてです。

短時間でしたが、目の不自由な人の気持ちが 少しでも判って、

お手伝いするチャンスがあれば 声をかけてあげる そんなやさしさが芽生えたと思いました。








プロフィール

ふくちゃん2012

Author:ふくちゃん2012
白山市ボランティアセンターのブログです。
このブログでは、白山市ボランティアセンターの講座やイベント、ボランティア募集情報等を掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR